ご予約
Bodyparts

肩コリ、腰痛、関節痛、冷え症などの
痛みやコリでお悩みの方はご相談ください

  1. HOME
  2. 施術部位について

肩の症状について
肩関節は、上腕骨、鎖骨、肩甲骨の三つの骨より形成され、球関節という最も自由な動きが可能な関節です。そのため肩関節の構造は非常に複雑で、安定させる組織(筋・腱)にかかる負担は大きくなり、一つの組織を傷めてしまうと他の組織にかかる影響が大きくなります。
四十・五十肩(肩関節周囲炎)
40代・50代を中心に、肩をぶつけたり・捻ったりなど明らかな原因がないにもかかわらず肩が痛くなるものです。
肩だけではなく腕も痛み、ひどいときには夜間安静にしていても痛むのが特徴です。
日常生活の中では、髪を触るときや服を脱ぎ着する動作で痛み、動きが制限されます。
治療としては痛みを軽減させ可動域を広げていきます。治療までに半年から1年半程かかることもあります。
一度なると繰り返しやすいのが特徴です。(右肩が治ったら、左肩というような・・・)
頚肩腕症候群
頚肩腕症候群とは、さまざまな原因によって、首、肩、腕にかけてのコリや痛み、しびれなどの症状があり、はっきりとした診断がつきにくい病気の総称をさします。
他の整形外科的疾患、たとえば変形性頸椎症、頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群を除外したものです。
原因は病名自体はっきりとした診断がつきにくい病気の総称であるため、考えられる原因も、頚椎椎間板の異常、首・肩周辺筋肉の疲労、ストレス、内臓疾患など様々です。
その他、打撲による外傷、むち打ち症のあとや、首や肩に負担のかかる長時間の同じ姿勢による特定の筋肉の疲労によるものも多いです。