ご予約
Bodyparts

肩コリ、腰痛、関節痛、冷え症などの
痛みやコリでお悩みの方はご相談ください

  1. HOME
  2. 施術部位について

腕の症状について
腕の症状は、シビレ・腱鞘炎・野球肘・テニス肘等様々ありますが、その多くは使いすぎによるものが多く、慢性的経過を示すものが特徴的です。
なかなか症状の改善がみられないものも、骨格調整を取り入れることで首・肩・肘・手首などの関節に連動性が生まれ、筋肉の緊張が和らぎ改善していきます。
野球肘・テニス肘
野球肘はプレー中に急に肘が痛くなり、ボールを投げる際に電気が走るような痛みを感じる症状が起こります。
一方、テニス肘は肘の外側に徐々に痛みが出ることが多く、家事などスポーツをしなくても起こります。
原因として物を持ったり掴んだり投げたりする際、肘や手首や指を使いすぎて肘関節に繋がる筋肉や靭帯を痛め、骨膜の神経などを刺激して痛みを起こしてしまいます。
手根管症候群・腱鞘炎・ばね指
手根管症候群とは、手首の筋肉・靭帯が硬くなることにより、その下を通る手の神経(正中神経)が圧迫されて痛みやシビレ・マヒを感じるようになるものです。
腱鞘炎とは、筋肉が骨とこすれないようにスムーズにするトンネル(腱鞘)がはれることで、指に痛みを感じるようになることです。
ばね指(弾発指)は、指の付け根の腱鞘と筋腱の間にスムーズさが無くなることにより、痛みや引っかかり感がでたり指が伸ばしきれなくなる病気を指します。
これらの症状はいずれも家事やパソコン等による手の使いすぎ・年齢によるもの・疲れや何らかの病気に拠るむくみ等、様々な原因が考えられます。
対処・治療は段階によって異なり、安静・固定をして痛みの除去が必要な急性期と、血流改善が有効な慢性期があり注意が必要です。
腕のしびれ
手や腕のしびれには様々な原因がありますが、主なものとして腕にかかわる神経(腋窩神経、筋皮神経、正中神経、尺骨神経、橈骨神経)などが、筋肉などの軟部組織等により圧迫を受け、しびれが起こっていると考えられます。